『青いりんご』 の体験レビュー

私の初めてのソープランド体験談(岐阜県 JR岐阜駅 金津園)

今から5年ほど前の話しですが、当時の私は年齢が若かったこともあり、1ヶ月に何度もデリヘルやらキャバクラやらに行ってお金を結構使っていました。

でも、もっと楽しくてやったことのない遊びはないかとインターネットで探していたら、隣の県の岐阜県に大きな風俗街があって、しかもそこはほとんどがソープランドというじゃないですか。

ソープランドはお店的にも本番ありという、売春NGのこの日本でギリギリの風俗です。

さっそく行ってみようと、インターネットでお店をさがすと、どこも50分2万円以上となかなかの値段がします。

しかし、ここで諦めては男が廃ると、どこか可愛い女の子はいないかなっと探してみると、青いりんごというお店のカオリちゃんがなかなか可愛いじゃないですか。

しかもバストがGカップとおっぱい星人の私にはもってこいです。

値段も50分で2万円プラス指名料2千円と払えない金額ではないので、行ってやれっとばかりにすぐ電話で聞いてみると、今日カオリちゃんは出勤ということだったので、早速予約をしました。

そして、車で30分ほどかけて岐阜県に行ってみると、駅から5分ほど離れたそう遠くない場所にかなり大きい区画全てがソープランドという異様な光景がありました。

店の前には黒服のお兄さん達がいて、前を車で通ると「いい娘いますよ」とか「うち寄って行ってください」なんて声をかけてきます。

もう少しこの風景を楽しみたかったんですが、予約している時間が迫っていたので、青いりんごのお店に行くと、店の前から黒服のお兄さんが来て「車を駐車場に止めてきます」と言ってくれました。

受付に入ると理容店の待合室みたいな空間があってそこには私の他数人のお客さんがすでに待っていました。

私も同じように待っていると、受付の年いったおじさんが会計をしに来ました。

2万円の半分は女の子に直接渡すシステムらしく、ここでは1万円と指名料の2千円を渡して、女の子の到着を待ちます。

どんな子かなぁ、不細工だったらどうしよう、っとドキドキして待っていると、時間を5分ほど過ぎたところで、「女の子の準備が出来ました」と呼ばれ、行ってみるとカオリちゃんのご登場。

顔はモーニング娘の安倍なつみに似ていて、少しぽっちゃりでしたが胸が大きくてイメージ通りタイプの女の子で、見た瞬間これは当たりだなと思いました。

部屋に入って少し話してみると、「地元の岐阜に住んでいるよ」とか「映画が好きで週に1回見に行くよ」などと楽しそうに喋って、風俗で働いているとは思えないほどとても気さくなで、見た感じ普通の女の子でした。

さっそく、服を脱がすとブラジャーに入り切らないほどの大きな胸が現れて、待ちきれずにブラジャーも外すと、そこには大きいけど垂れていない天然の巨乳がありました。

そして、代わりに俺の服も脱がしてもらい、一緒にお風呂に入り、お風呂ではベタベタしながらお互い触りあって、キスもディープキスをしっかり決め、舌も絡めてペロペロ舐めさせてもらいました。

そのあと、カオリちゃんが「舐めてあげるね」っと言って、私の腰を上げ股に頭を通してフェラチ(潜望鏡)をし始めました。

舌が先やら筋のところやらを舐めて、とても気持ちよくイキそうになりましたが、なんとかここで出すのは勿体無いとなんとか我慢することに成功。

お風呂から出た後、身体を拭いてもらい、少しソファーで話した後、「マット」と「ベッド」どっちにすると聞かれました。

100分などのロングコースだと、マットもベッドも両方出来るんですが、今回のように50分のショートコースだと時間的にどっちかしか出来ないみたいで、せっかくなのでヘルスなどでは体験出来ない「マット」の方をお願いしました。

お風呂の横に立てかけてあった、マットレスを下にひいて、その上に私が仰向けに寝て、ローションを身体に塗りたくったカオリちゃんが上に乗り私に身体をこすりつけてきます。

Gカップの胸を押し付けたり、足を絡ませたりしつつ、密着したままスライドするその感触は初めてのもので、カオリちゃんの少しぽっちゃり体型も手伝ってかものすごく気持ちが良かったです。

そして、遂に「そろそろ入れるね」といい、ゴムをした後、カオリちゃんが私にまたがって、騎乗位の体制で挿入しました。

さっきローションで刺激されてかなり敏感になっていたため、騎乗位であまりピストンされるとすぐにイキそうになったので、ピストンをゆっくりにしてもらって、代わりに身体を密着しあって、キスをしたり大きなおっぱいに顔を埋めて、乳首をなめたりして楽しみました。

カオリちゃんのおっぱいは乳輪が少し大きいのですが、黒ずんでいないきれいなピンク色で乳首自体もあまり突出していないタイプだったので、私の好みのおっぱいでした。

なので何時間でも舐めたり、触っていたりしていたいのですが、終わりの時間が迫っていたので、フィニッシュに向けこちらから下から上に突き上げるように早く腰を動かし始め、カオリちゃんもそれに感じてくれて喘ぎ声も大きくなり、5分ほどピストンしたあたりで遂にイッてしましました。

するとフロントから「お時間です」との電話があったので、残念ながらもう終了になりました。

最後部屋を出る時にまたキスをして、次お金が入ったらまた来るよと約束しました。

このお店も感じのよい優良店ですし、カオリちゃんもとても良い子だったので、初めてのソープ体験はとても満足いくものでした。