髪の毛フェチ - 性癖研究

俺は小学生の時から筋金入りの髪フェチだ!

俺は髪フェチです。

どんな髪フェチかというと、ロングより肩について後ろでポニーテールができるくらいの内巻きミディアムストレートの髪型にムラムラします。 小学生の低学年の時からその髪型の女の子を見て常に勃起してました(笑)。まだその時は小学生の低学年だったので、髪フェチという言葉を知りませんでしたが、今思えばその時から俺は髪フェチだったのかもしれません。

その時から今まで一貫してその髪型を愛し続けてます。 小学生の時から好きな髪型の女性に対しては「その髪に触れたい」と思ってましたが、歳を重ねるごとに「その髪をくしでとかしてキレイにしたい」とか「髪に触れながらチョメチョメしたい」とかそんな思いはエスカレートしていき、髪の分け目にもこだわりを持つようになり、左分け(主にさっしー、こじるり、さや姉、絢香、上戸彩等)で前髪ありで斜め前髪っていうのも理想の髪型も好きな髪型として加わりました。

ちょっと遅いけど、高校生になってオナニーを覚えました。もちろんオカズにするのはミディアムの内巻きストレートの女性。時々ロングヘアーの女性で抜く事はありましたが、やはりほとんどはミディアムの内巻きストレートの女性でした。

だいたいオナニーというとAVとかを見て、その時のセクシー女優の喘ぎ声とか仕草にムラムラしてフィニッシュパターンがほとんどだと思うけど、髪フェチの俺にとってはバラエティーやドラマなどでミディアム内巻きストレートの髪型の女性有名人のふとしさ仕草を見て、好きな仕草や角度、それを見たらムラムラしてフィニッシュできました。

今でも家にいる時はそんな感じでフィニッシュする事が多いです。後はネットとかでYouTubeの動画を見て抜いたり、出先にいる時は、好きな髪型の女性が載ってるネット画像をいくつもスマホに保存して、その髪型の女性を見ながらトイレとかでこっそり抜いたりとかしてます。

20代前半の社会人なりたての時、俺は風俗遊びを覚えました。風俗はいろいろありますが、初めて行ったのは店舗型のピンサロ。まだその時は同じ会社の先輩に連れられて行ったのですが、その時に常に女性と密着し髪や体に思いのままに触れる事ができる遊びであるのを知りました。

でもまだどんな店が他にあるのか、どんな名前でどんな外見の女性が在籍してるのかとかがいまいちよく分かりません。 あれから数日後俺は一人で風俗店に行きました。店とかよく分からなかったけど、とりあえず連れられたところ近辺なら同じような店はいくつもあるだろうと。 歩いていたら客引きのボーイに声かけられました。「ご指名は?」と聞かれたけどよくわからないので、とりあえず自分の好きな髪型であるミディアムのさらさらストレートの女性をとボーイにリクエスト。

するとまさに理想にかなったようなミディアムのさらさらストレートの女性が俺につきました。キスしたりセクシーな目で見つめられたり、そしてその好きなミディアムストレートの髪に思いのままに触れたりし、そうしながら抜いてもらって制限時間の30分まで過ごしました。 源氏名も教えてもらいまた同じ女性につきたいと思ったので、何週間後かにまた同じ女性を指名しました。 同じようなプレイを楽しみましたが、ふと俺は「くし持ってる?」と聞くと「持ってるよ。」と女性は答え、そしたら俺は「髪くしでといて良い?」と聞くと「良いよ」と返ってきたので、女性はくしを持ってきて、そのくしで女性の髪をときました。その時から風俗での俺のプレイにくしで髪をとくっていうのが加わりました。

その時はまだただ髪をとくだけでしたが、いつしか自分で好きな髪型ミディアム内巻きストレートにするためにロールブラシやいち髪などを購入し、店に持ち出すようになりました。 でもそういったアイテムはだいたい女性関連の商品。男性の俺がそういう商品を購入するのは恥ずかしいので、買う時は常に店員と目を反らしながら無愛想な顔して購入しています(笑)。 そんな感じの風俗遊びを繰り返すうちに風俗店やピンサロ以外にもセクキャバとか他のジャンルも覚えネットも普及してそこでそれぞれの店のキャストもチェックできるようになりました。こういう業界は巻き髪やエクステの女性も多いので、そういう女性は指名しません。 今はそれを見て好きな髪型であるミディアム内巻きストレートの女性を選び、指名しているので、ハズレを引く事は少なくなりました。

でももちろんミディアム内巻きストレートの髪をといても良いか提案すると嫌がられる事も女性によっては時々あります。そしてその髪型の女性の髪がエクステで萎えた事もあります。でもそれを喜んでくれる女性には一生懸命髪をといてあげます。あと、店でのプレイしながら気づいたのですが、女性の髪を顔に触れた時、くすぐった感触を味わうのもたまらないですね。あと最近では髪は耳にかけてない方が良いです。耳が隠れてる方が好き。その方がセクシーな雰囲気がでます。

そんな感じで風俗遊び、動画をこれからも楽しみたいと思います!

黒髪ロングが大好きな私の髪の毛への思い

髪フェチを自称する30代男性です。

女性のきれいな髪の毛を見るととても興奮します。茶髪のセミロングや、ショートカットの良く似合う美少女も大好きですが、何といっても「黒髪ロング」ですね。この条件に入っていれば私のストライクゾーンはかなり拡大されます。そのことに気がついたときに、ああ自分は髪フェチなんだなあとつくづく思ったものです。

なんでこんな人間になってしまったのかを思い返してみると2つのターニングポイントがあったと思います。

まず最初は高校生の時に好きだった女の子が黒髪ロングだったことです。 いまアルバムを見返してみるとあんまり可愛い子ではなかったのですが、私は彼女の後ろ姿を見ているのが大好きでした。そして、うつむいたときに顔を隠すように垂れる長い髪。これが少年だった私の心にグッと響きました。髪フェチの素質はそのころからあったのでしょう。なんとかして髪に触れる機会はないか、においを嗅ぐチャンスはないかとうかがいながら悶々とした日々を過ごしたものです。

そしてもう一つ、私を決定的な髪フェチにしたのが「黒髪女子高生」といタイトルのアダルトビデオです。あれをレンタルショップで見つけた時は、これだって思いましたね。もちろん速攻で借りました。 内容はまあタイトルそのままだったのですが、黒髪の女子高生たちがエッチなことをするわけです。ただここはやはりフェチ要素を含んだAVですので、髪の毛コキをしてみたり、髪の毛にフィニッシュといったシーンが盛りだくさんで、とても興奮したのを覚えています。

これはこのAVを見た以降の私の夢ですが、髪の毛コキと髪の毛フィニッシュはぜひ髪フェチとしては体験しておきたいところですね。しかし髪の毛コキって実際どうなんでしょうか。手コキに髪の毛が絡まっているという印象しか映像からは受けないのですが、そのこと自体を楽しめないようであれば私はまだまだ真の髪フェチとは言えないのでしょうか。

髪の毛フィニッシュは憧れますね。特に黒いきれいな髪の毛が真っ白に汚される?シーンは大好きです。しかしこれも現実にはなかなかハードルが高そうです。女性はどうやら髪の毛にかかるのは怒るみたいですからね。あたりまえかもしれませんが。風俗店でも顔射のオプションは良く見かけますが、髪の毛にかけていいというのはあまり見かけません。それだけ女性の抵抗も強いのでしょうが。

しかし私、不可抗力ですが髪の毛にかけたことはあるんです。飲み会のあと、ムラムラした私はとある手コキのお店に行きました。普段の私は風俗店でも紳士なふるまいをしているのですが、この日はなかなかご機嫌に酔っぱらっていたため、結構積極的に女性に要望を出していました。

その女性は長い髪を後ろで結んでいたのですが、髪が垂れるのを見るのが好きな私は、解いてくれと頼みました。女性はしぶしぶといった感じでしたが解いてくれて、そのままサービスを続けます。ビジュアル的に非常に満足した私は女性のテクニックに身を任せてどんどん高まっていきます。手のスピードが増すにつれて女性の顔が息子に近づいていき髪の毛が時々フさっとかかります。もう髪フェチには最高のシチュエーションです。そしてテンションが上がりきった私はそのまま果ててしまいました。いつも以上に興奮した状態から放出された体液は自分でも驚くほど飛びましてそのまま女性の髪の毛にかかってしまったのです。

正直かなり焦りましたね。怖いお兄さんが飛んでくるのではないかと。しかし女性に「出すときは言ってよね」と少し注意されただけで事なきを得ました。私は平謝りでその時はあまり感じなかったのですが、無事に帰宅してみるとなんだかすごくラッキーな体験をしたのではないかと思い、ついついもう一度してしまいました。

この時のことは今でも思い出して興奮しています。

完全に変態な方向に行ってしまいましたが、エロ以外の方向でも髪の毛は大好きですよ。特に私は普段と違う髪形をされるとキュンキュンきてしまうタイプです。先述の風俗店でもそうでしたが、普段は結んでいる娘がときどき下ろしていたり、逆もしかりで普段は結んでいないのに、急にまとめてみたりって良いですよね。特に自分の目の前でそういったことをやってくれるとそれだけで好きになってしまいそうです。

学生のころは水泳の授業の後のなんともいえないパサパサした感じに髪の毛を垂らしている女子たちの姿をみて喜んでいたものです。私の学生のころから髪の毛を染めている女子は多かったですがそこだけはもったいなかったですね。まあ茶髪は茶髪で好きではあるのですが。

よく日本人は黒髪が一番という人がいらっしゃいますが、まったくの同感です。でも時々みかける外国の方の黒髪ロングもとても素敵ですよね。そう考えると私は無条件に黒髪好きなのでしょうか。あと茶髪にしていた子が、急に黒く戻した時。これも高感度がアップです。逆に長い髪の毛をしていた子が切ってしまった時は一人で勝手にショックを受けていたりします。

髪は女の命とか言いますが、本当にそうですね。美しい女性をより美しく見せる髪の毛を私はこれからも愛していきたいと思います。

ページの一番上へ