体操着フェチ - 性癖研究

紺ブルマーと紺袖デザイン体操着限定フェチ

平成も終わろうとしている昨今、最早絶滅してしまった昭和の体操着「ブルマー」に性的興奮を覚える世代の人間は、自分を含めて数多くいると思いますが、自分は白いラインなど入っていない無地で紺色のブルマーと、袖口と襟に同じ紺色のラインが入った体操着を着たスレンダー体型の女の子に、猛烈な性的興奮を覚えてしまうフェチの持ち主です。

赤や水色やピンクのものも存在しますが、紺色こそ至高であり、他は邪道に思えてしまいます。原因として思い当たるのが、小学校高学年から中学生に入る辺りの年頃に、女子が着る体操着の下からふくらむ胸のふくらみと、紺色のブルマーから伸びる真っ白い太ももに初めて異性への性的興味を覚えたのが原因かと。自分が紺ブルマーや紺ライン体操着そのものではなく、ブルマーと体操着をまとった女の子が好きというフェチズムに気付いたのは、妹が脱衣所に脱ぎ捨てた紺ブルマーと紺ライン体操着を見た時。

いい大人になった今だから告白しますが、身内の妹が着ていたものだからではなく、それを当時好きだったアイドルが着ていた物だと妄想してのオナニーを試みても、1ミリも勃起しなかったという体験があったからです。

ニキビ面に破滅的なコンプレックスを抱いていた自分は、彼女なんて遠い存在で、紺ブルマー&紺ライン体操着フェチは主に妄想とオナニーでの解消でした。当時好きだったアイドルが雑誌のグラビアで水着になったりすると、それはそれで興奮したりもしましたが、紺色のブルマーと体操着をまとったグラビアなどが掲載されたりすると、それをおかずに自慰行為した場合、数秒でイッてしまうぐらい好きで、インターネットもなかった時代だったので、体操着系のエロ本をやたらと集め出し、罪悪感を覚えてこっそり古本屋に売りに行く(お金がなかったので、捨てるという発想にはいかなかったです。)というのを二十代前半まで繰り返していました。

大学生の頃にようやく彼女ができましたが、気を使いすぎてしまってなかなか紺ブルマー&紺ライン体操着フェチであることを打ち明けられず、着衣でのセックスやプレイに至ることもなく、お互いに県外への就職で離ればなれになってしまってフェードアウト。いよいよ抑えられなくなった僕は、なかなか勇気が出ずに行けなかった風俗で僕の紺ブルマー&紺ライン体操着フェチを満たす体験をしようではないかと決意。風俗初心者はまずピンサロに行くべし!という口コミをネットで読み、ブルマー専門のフェチを満たしてくれるお店が近所にないかと検索してみたところ、女子高生ふうの制服を着たキャストがサービスしてくれるお店の月間イベントで、特定の曜日に行くと紺ブルマー&紺ライン体操着を着たキャストがサービスをしてくれるというものを発見してテンションMAX!住所を詳しく調べ上げ、何度も下見をしてお店の位置を確認した後、すぐに昇天してしまわないように前日にヌいておいてから、勇気を出して入店。

大音量のクラブミュージックが流れる薄暗い店内で爪をチェックされ、本当はスレンダー体型の子を指名したかったのですが、お金がなかったのでフリーコースを選択し、なけなしの6千円を払っていざサービスが行われるルームへ。やってきたのはくすんだ金髪でやや太めのギャルふうな子で、憧れの紺ブルマー&紺ライン体操着フェチを始めて満たしてくれる相手としては正直もうひとつな子で、失礼ながらガッカリしてしまいましたが、それで逆に落ち着くことができ、適当な自己紹介的な会話を済ませた後、プレイ開始。椅子に座った状態の自分に女の子が寄り添う大勢でキスをしながら、いきなり胸や股間にいくのは下手なやつがする行為という知識を仕入れていたので、なるべく腕や腰をなでまわしながら、ずっと触れてみたかった体操着越しの女の子の身体を堪能。直接肌に触れるのではなく、柔らかい体操着と、ブルマーならではのポリエステルのざらっとした質感越しに伝わってくる女の子の身体の感触に大興奮し、1分程度のフェラであっさりと昇天してしまいましたが、時間いっぱいまで身体を触らせて頂きました。

初めての風俗で自信を付けた自分は、よりハイグレードな紺ブルマー&紺ライン体操着フェチを満たすお店にチャレンジしようと、都内のイメクラへ。綿密なリサーチとお金をためるのに1年ぐらいかかってしまいましたが、手で顔が半分かくれた新人キャストの子が体型的にドンピシャで、一週間前から予約していざ入店。1万8千円という、自分にしては破格の大金を払って入店すると、そこに現れたのは、下手な握手券アイドルなんかよりも可愛く、何でこんなお店にいるの?とききたくなるほどの美少女系キャストさんで、事前にお願いしていたプラン「体育教師と女子生徒」の設定に乗った演技(ちょっとイメージより声が低めでしたが、それ以外がパーフェクトだったので気にならなかったです)をして頂き、フェラで一回。Aカップパイズリで1回。スマタで1回の、計3回イカせて頂きました。

自分の紺ブルマー&紺ライン体操着フェチを完全に解消してくれたそのキャストさんとお店には、感謝しかありません。彼女はおろか結婚もできない自分ですが、風俗さえあれば生きていけると信じられた、貴重な体験でした。

ページの一番上へ