ピンクサロン - 風俗ジャンル解説

ピンクサロンの遊び方とプレイ内容

ピンクサロンってどんなとこ?

大抵どこの駅前にも1件や2件、なにやら怪しげに光る看板を出しているお店があります。 キャバクラか?それとも風俗が?ちょっと悩んでしまう時もありますよね。 明確な見分け方はないものの、『昼間から営業している』『◯◯サロン』『花びら回転』など書いてあったらほぼ、ピンクサロンだと思って大丈夫です。 ピンクサロンは店構えがとても妖しいせいか、他の風俗に比べてぼったくられそうなイメージが強いです。実際たけのこ剥ぎなどありますからね。 場末のスナックと混同している方も多い思いますので、ピンクサロンではなにが行われているのか?女の子の質はどうなのか解説していきたいと思います。

《そもそもピンクサロンって??》

建前上飲食店で営業許可をとっています。その為、個室やシャワーを設置することができません。個室風にカーテンをつけただけでも、摘発されてしまうので、周りのプレイが丸見えです。 とは言っても、男女入り乱れて、やらしいことをしているわけではなく、縦一列、横に何列か背もたれが高いソファが設置されています。 なので座っていれば周りのプレイは覗けません。 一応飲食店での営業なので、席についたらお茶が提供されます。

そして、店内はとても暗い!目が慣れるまで隣に座っている女の子の顔も良く見えません。

《ピンクサロンではどんな女の子が働いているの?》

若い女の子だけを集めたお店もあるのですが、他の風俗と違って、若い子から熟女、細い子からポッチャリさん、当たりからはずれまで一緒に仲良く働いています。 ヘルスや、ソープなどよりは手軽に始めやすい風俗なので風俗未経験率は高いです。

仲良く働いているのと書きましたが、ピンクサロンの女の子は集団待機で、どのお店の女の子もみんな優しくて初めて入店した女の子でも暖かく迎え入れてくれます。

《ピンクサロンではどんなことが出来る?》

2000年始めごろ、西川口でNK流と言うものが大流行しました。 ピンクサロンで本番が出来る。本サロの誕生です。 しかし、違法なので2004年には壊滅しました。 まだ、地方に行けば本サロもあるのですが、首都圏ではほぼ絶滅したと思ってください。 なので、本番は100%出来ません。 個室ではないことと、店員が常にうろちょろと店内を警戒して見張っているからです。 出来るサービスは、DK、生フェラ、口内発射、クンニ、69(ソファで69はアクロバッティックです)、花びら回転。 勇気があればイマラチオも可能です。 基本ごっくんはしません。おしぼりに口内発射した精子を出します。

《ピンクサロンの来店からの流れ》

ただでさえ妖しげなのに、流れがわからないとどこでぼったくられるかドキドキしますので、流れを一通り説明します。

これが一連の流れです。花びら回転の場合は女の子が2人、3人つくので何度も発射したい人にはオススメです。ただ忙しないです。なかには本当にぼったくり店もあるので、酔っ払った勢いでフラっと入らず、ある程度口コミを見ていった方が安全です。