ヘルス - 風俗ジャンル解説

ヘルスの遊び方とプレイ内容

《ヘルスと名が付くもは全部同じ?》

ヘルスとは恋人同士がするようなエッチな事を挿入なしで楽しむ風俗のことですが、巷にはいろいろヘルスと名の付いている風俗が多く存在します。 『店舗型ヘルス(ファッションヘルスとも呼びます)』『ホテルヘルス』『デリバリーヘルス』などです。 店舗型ヘルス(箱ヘル)より今ではデリバリーヘルス(デリヘル)やホテルヘルス(ホテヘルが)おおくなりました。 箱ヘルが激減したのは2003年頃に歌舞伎町浄化作戦の影響で流行っていた大箱ヘルスもなくなり、NK流が流行った西川口でも本番ヘルスが軒並み箱ヘルは潰されていきました。 今残っている箱ヘルは大手グループのヘルスがポツポツと残っている程度です。

《ヘルスで出来ること》

女の子にもよりますが、DK、生フェラ、クンニ、イマラチオ、69、素股などです。 人妻店になると即尺も可能な場合もあります。アナルを舐めてもらうのが好きな男性は、アナル舐めされながらのローション手コキ(スクリュードライバーとも言います)も、ハードサービスな人妻店で味わえます。 AFも可能な女の子もいるのでフロントで確認してみましょう。

《箱ヘルってどんなとこ?》

箱ヘルの仕組みとしては、お客さん自らお店に行って、お店の中でプレイするスタイルです。 女の子のタイプは箱のコンセプトによって違いますが、広く浅くいろいろなタイプの女の子を揃えているというよりか、素人系のソフトサービスのお店、巨乳系、ちょっと前に流行った人妻系など系統を統一しているお店が多いです。 若い子が多い素人系の箱ヘルでは、基本、女の子が受け身と思ってください。 Sの男性は楽しめますね。 だからと言って何でも出来るわけではなく、本番は御法度。女の子にはよっては、別料金でOKを出す子もいますが、下手するとフロントに電話されてしまいます。 逆に濃厚サービス希望であれば人妻店のほうが、エロさはあっておすすめです。

l《ホテヘルってどんなとこ?》

ホテヘルとデリヘルの違いがよく分からない方も多いと思いますが、ホテヘルは箱ヘルとは違うものの、男性が事務所まで出向き、女の子の指名や料金の支払いを済ませ、ホテルまたは指定されたレンタルルームでプレイをするので、電話1本で女の子は来てくれません。 サービス内容としてはヘルスなので本番なしですが、ホテルの場合は一緒にお風呂に入ってくれる女の子もいるので恋人気分で楽しめます。(なかには質の悪い男性、女性がいるので1人づつシャワーを浴びていると財布をからお金を抜き取られる事もあるのでご用心)

《デリヘルってどんなとこ?》

ピザの宅配と思ってください。電話1本で女の子が指定の場所までデリバリーされてきます。 女の子は箱ヘルに比べていろいろなタイプの女の子を取り揃えています。もちろん人妻専門店や、若い子だけのお店もあるので、HP見ているだけでも楽しいですよ。

デリヘルは駅前待ち合わせや、ホテル、自宅に呼ぶことも可能です。 ただし、女の子は自宅に呼ばれるのはあまり好きではないので、出来たらホテルに呼んであげてください。 デリヘルの場合、出発地から◯◯エリアまで宅配料いくら、と言う設定になっていますので、あまり遠方から呼ぶと、宅配料だけで結構な金額を取られる場合もあり、そこで気に入らないからとチェンジでもしようものなら、しっかりと宅配料は徴収されます。

サービス内容としてはホテヘルと同じですが、箱ヘルに比べると、グンと本番が出来る可能性は上がります。 ただ、絶対ではないので、無理強いはしないでください。絶対に本番はしないという女の子もいます。

箱ヘル、ホテヘル、デリヘルの違いわかりましたか? 個人的には、しっかりしている箱ヘルをおすすめはしますが、その時の用途に合わせて選んでみてください。

ヘルスの最大の魅力は「出来るかな?出来ないかな?通えばやらせてくれるかな?」と言う駆け引きも、楽しみの1つです。 確実に本番がしたければソープに行けば済むことなので、ヘルスなりの楽しみを探してみてください。