電車痴漢フェチ - 性癖研究

家でも続きをしちゃうほど電車痴漢ごっこの好きなバカップルです。

私と彼氏は人前でいちゃつくのが大好きで、軽い露出狂の気もあります。コスプレも好きなので、もう20歳ですが、時々都内の女子高の制服に似た制服を着てデートしたりして楽しんでいます。
彼氏は私の実家の会社に勤めているまじめ社員、普段はバリバリ仕事のできる人ですが、休日になると髪の毛の色とか服装とかを全く別人みたいに変身させ私と一緒にデートを楽しんでいて、周りから見たらちゃらくて超バカップルとしか見えないと思います。

そんな私たちが今はまっている遊びが、電車痴漢ごっこです。彼が前日から私の部屋にお泊りするか、早朝車で来て、そこからわざわざ平日の朝のラッシュに乗り込んでいちゃいちゃするんです。それがエスカレートしてきて、彼氏が痴漢ごっこしようと言ってきたのが始まりでした。
開かない側のドアの隣に位置できるようにして、彼が私をドアに押し付けるように立ち、周りの人に気づかれないようにしながら彼が私のスカートの中に手を入れてくるんです。私もできるだけ短めのスカートをはいたり、制服コスプレの時だとぎりぎりまで丈を詰めたりしているのですが、わかってはいても彼の手が直にお尻に触れるとドキッとしてしまうんです。
立ち位置にもよるのですが、特に彼と同じ方向を見て景色を見ながら触られているときが一番ドキドキしているかなと最近は思っていて、お尻を触っていた彼の手がそーっと太ももの内側に伝ってきて、内腿を割って入るようにして、私の割れ目をつんっと刺激してくると、思わず声を漏らしてしまいそうになるほど感じてしまうんです。

そのまま下着に指を引かけて人差し指だけショーツの中に入れてきて、うねうねと動かして、電車の揺れに合わせて前のクリトリスの場所にぐりっと当ててきます。
そんな確実にヒットすることはないんですが、完全にシチュエーション勝ちですね。

気持ちいいというか、口が半開きになってしまうんです。背が高い男性に囲まれるような体勢になったときは彼氏の方を向いて抱きしめられるような感じで乗ることが多くて、その時は彼氏が背が低いので、ばれないことを利用して、前からでも触ってきます。鞄で影を作ってスカートの中に手を入れて、ショーツを太ももまで下げてきて、ガバッと触ってすっと離していくので、ショーツが半分ずり下がった状態でずっと電車に乗り続けていたり、私の体を支えているふりをして、横乳をずっと揉んでいたり、彼の顔を見て見ると、知らん顔して景色を見ていて、手だけエロく動いていて、ほんとこいつエロイなと思いながら横顔を眺めているのがまた心地いいんです。

とりあえずラッシュが終わる時間までは1往復位して楽しんで、そこから家に戻って続きをするのがデート前の楽しみです。彼は電車の中で私のあそこを直に触っているので、すでにちょっと勃起したりしているときもあって、玄関あけたらすぐに始めてしまうときもあります。

今日はヤバかった、などと言いながら玄関で靴を脱いでいる私におもむろにジーンズを下げてアレを口に突っ込んできたり、靴も脱がないのにそのまま電車内でしていた体制になって、玄関ドアを電車のドアに見立てて押し付けられて、こうやって入れてる時にもしかしたら隣のスーツのおっさんが気づいたかもしれないんだよな、と言いながら、電車では私の内腿の中に潜り込ませていた手に力を入れて私の足をもう少し広げさせて、「ここまで開いたらもう少し奥まで指が入ったのに、お前全然開いてくれないから」などとだめだしされます。

「だって、あそこで足を不自然に開いたら絶対に隣の人に気づかれるじゃん!」と言っても、「じゃあこうやってされるのが気持ちよくないってこと?」とグイッと指を入れてくるんです。
気持ちいいに決まってますよね。でもこんなところまで電車の中で入れられたら、私はたまらなくて声も出るし、顔だって絶対に普通にはしていられません。
それを知っていて言ってくるんです。「ほら、こうやって、こうもできるんだぜ」と言いながら、彼の手はどんどん強く激しく動いてきて、私は立ってられないくらい腰にしびれるような感覚がきて「だめだって!もう、立ってらんない」というと、「でも電車だったらしゃがみこむことできないでしょ?」と言われて、くるっと彼側に反転させられて、さらに玄関ドアに押し付けられる形で完全にスカートをたくし上げられて、ショーツも膝まで下げられ、玄関わきの棚に片足を持ち上げられて、イかされてしまいます。

こんなのもう車内で出来る範囲を超越しているのですが、靴を履いたまま、鞄も持ったまま、玄関で犯されているという状況が、さっきの続きをしているんだというのを想像させて、普通に全裸で立ったまましている時とは全く違う感覚で気持ちよくなれるんです。

そこで一度、イかされてからようやく彼は部屋にはいって、もう一度私のことを抱くのですが、彼と付き合ってからこのパターンでないと私も興奮しないようになってしまっていて、普段まじめにパパの会社で働く彼とコスプレして平日にこんなことしているとしったら、パパは私の1人暮らしを辞めさせるかもしれないとちょっと心配しています。

プレイスタイルがとても興奮させてくれる電車痴漢の魅力

私は電車痴漢フェチです。先に言っておきますが、実際にはやってませんので。その辺りはよろしくお願いします。

やはりアダルト動画を見るなら痴漢電車は欠かせません。今はスマホの動画でいくらでも見れますが、以前のレンタルビデオで借りてくる時代の時は、アダルトコーナに着くやいなや痴漢電車でした。痴漢電車の何がそそられるのかといいますと、やはり少しずつ攻めて行くというプレイスタイルです。痴漢電車のパターンは最初は軽く触れる辺りから始まります。そしてなんとなくやっと被害者が気づいていくというような。そんな少しずつプレイがとても興奮します。

やはり最初は優しく攻めて女性の気持ちを上げていくプレイが僕は好きです。まあ痴漢の場合は気持ちが上がるのは男だけですが。被害者は逆に下がりますよね、実際のことなら。話を戻して、そうやって少しずつ攻めていきながら、被害者も気づいて手を払おうとする、しかしそれでも痴漢は怯むことなくだんだんと激しくさわってくる。この攻防がまた興奮します。

いやがる女にイタズラするのは好きです。でもSMは好きではないです。話を戻して、そしてだんだんと触り方が大胆になっていき、普通にスカートをまくりあげておしりをまさぐるという。この辺からもう現実ではあり得ないようなことがどんどん出てきます。しかしとにかく興奮するポイントは、被害者が触られていることを我慢しなければいけないという設定です。堂々と拒否もできずに、助けも求められない。ひたすら耐えて、でもだんだん気持ちよくなっていく姿。このポイントが痴漢電車の醍醐味です。痴漢がエスカレートして、女性の下着も脱がしながら完全に指を入れたりして。ここまで来ると女性も声が出そうになりますね。でも声も我慢しなければいけない。興奮しますね。もう女性もまともに立ってられない状況でただ悶えるのみ。その姿を見ているだけでもこちらとしては熱くなるものがあります。

基本的に電車の中ということで抵抗できない、それは動きを制限されているということです。女性の手足を固定していやらしいことをすることはとても興奮するし、燃えます。そしてついに下半身だけでなく上半身まで手が延びて、胸を揉んだりシャツを脱がしたり。普通にやっていたら確実にみんなに気づかれるし、さくっと捕まるでしょう。それを考えるとアダルト動画の中では本物の電車でやっているのかと疑問にもなります。まさか、回りにいる人たちはみんなエキストラなのかなど。そんなことも考えたりしてしまいますが。

ではまた話を戻して。完全に服を脱がされて胸も露になってしまって。こうなった頃にはいつのまにか痴漢の人数が増えているのです。女性の回りには数人が彼女の体を触っている。手を抑えられているので、本当に固定されているようなものです。そんな中で集団レイプされていて。相手が増えて手足を捕まれている地点で少し話の内容が変わってきてるのではと思ってきます。痴漢というか集団レイプ。この辺に来ると、電車の中で犯されているという姿に興奮が出てきます。

その間に女性は何回イッているのだろう、どんな気持ちなんだろうと思いながら見ていると、正直もっと辱しめを与えてほしいと思いながら見ています。最初は少しずつ攻めていって、気づくのかどうかくらいのタッチから入ったのに、今では何人にも囲まれて素っ裸にされて、堂々とあえぎ声まで出している。この段階のついたプレイスタイルがまた痴漢電車の魅力です。痴漢が複数いるから一度に色んな所を攻めて女性が感じまくっている、その姿は芸術です。僕もそこに加わりたいとさえ思ってしまいます。もちろんそんなことをしたことあるわけないですが。

そして最後には痴漢と本番行為までやってしまうという一連の流れ。実際にやってる人がいたら見てみたいものだというくらい非現実的なのですが、今まで温められてきた女性のエクスタシーなんかも考えて見ていると、今ここで挿入されていることが素敵なプレイだと思います。しっかりとしたゼンギに時間をかけて、そしてフィニッシュをしようとしてるのですから。一般のエッチに例えるなら、男はとても紳士なものです。まさかの痴漢ですから。紳士のわけが無いですね。犯罪者です、実際には。

そして女性もちゃんとイクことになり、痴漢もしっかりとしたフィニッシュをしている。起承転結が素晴らしくまとまっているのですね。この痴漢もののスゴいところは、紺だけの激しいプレイをしていながら終わったらそそくさと女性も服を着て、ちょうどよく停車した電車から出ていくという、あっさりとした終わり方。余韻には浸らないのですね。まあ確かに痴漢してきた人と余韻もくそもないですが。

こんな感じで、ありえないシチュエーションだけれども、プレイの流れがしっかりしていて、長時間興奮させてくれる痴漢電車はだいぶ長きにわたり好きなものであります。