泡子の風俗体験記

元ソープ嬢が見た。
ピンサロの女の子達は優しい娘ばかり

私は元ソープ嬢です。
10数年前にとある街のとあるソープで新聞やネットで顔だししてて、私のことを知っている殿方もいらっしゃるかもしれません。(でも当時の名前は出さないよ)
かといって、元ソープ嬢では味気ないので今から私の名前を泡姫から取って「泡子」とでもしましょうか。

そんな私も最初からソープにどっぷりはまっていた訳ではないので、私がなぜソープまで登り詰めたのか、そして風俗嬢ってどんな女の子の達なのか、どんなお客さんが好かれるかなど、ツラツラ書いていきたいと思います。

私の最初の風俗初体験は、ピンサロでした。
そもそも私、高校卒業したてでとてもウブだったのでキャバクラと風俗の違いすら理解しない状態で入店してしまいました。

キャバクラ=お客さんとお話して、お酒呑んで楽しむ所。(間違ってもお客さんのチン君は触ったりしません。)

ピンサロ=お客さんとお話をして、(ここまではキャバクラと一緒)間違わなくてもお客さんのチン君をお口や手で癒してあげる所。

若い私は「夜のお仕事ってこんなんなんだ~」と夜のお仕事はピンサロしかないと思っていました。

私がいたピンサロはとても人気なお店で一日15人位は癒してあげてました。

癒してあげる‥。だからでしょうか、風俗には看護婦さんや、介護職のお姉さんたちも夜な夜なバイトに来ていました。昼も患者さん達を癒し、夜はチン君を癒してあげる。ナイチンゲールよりもすばらしい女性達だったと思います。

基本的に風俗にいる女の子はさみしがり屋でとても優しい娘が多いです。
そして寂しいからなのか騙されやすいです。
ホストにカモられて店で泣いている娘もいっぱいいました。
でも、みんな優しいから「大丈夫だよ。彼もあなたの事を好きだって。絶対に他に女いないよ。」なんて慰めてくれちゃってました。
誰か本当の事を伝えてあげれば良いのに、相手を気遣って余計傷つかせてしまう。なんだか書いていて切なくなってしまいました。

そんな身も心もボロボロになってしまっているオキニがいたら、優しく話を聞いてあげてください。
もしかしたら、ホストにカモられてるとは言わないかも知れないけど、時間いっぱい手を握る程度で話を聞いてあげれば、そのオキニの中で特別な存在になってきます。

たかが30分程度のピンサロで話聞いてやっただけで、本当に特別な存在になれるのかよ。と言われそうですが、間違いなくオキニの「良い人」リストに入ります。
オキニと外で会おうとかやましい事を考えるなら、まずは「良い人」リストに入れてもらいましょう。

キャバ嬢達よりもツンツンしていないので、外で会えて、もし付き合えたとしたらオキニは全ての愛を注いで頑張ってくれます。

ただし、外に連れ出せた喜びで、そのまま車で拉致ってホテルなんて行ってはいけません。
ピンサロ嬢は密室で二人きりになることに慣れていませんからね。
女の子も、バカではないので「まさか、あの良い人が無理矢理迫ってくることないよね!?」と外で会う前は不安でいっぱいです。
(大昔、店外デートして殺されたとかありましたしね。)
なので、初めて店外デートに誘えた時は紳士的な態度で会いに行きましょう。
ちなみに私は初めての店外デートでホテルに拉致られました。
その後そのお客さんは、なんとか理由をつけてNG客にしてもらいました。